予告篇

2010年7月 3日 (土)

Pieces 2

樽見沢 嫩様へ

君の夫の死後は非
常に気苦労を掛け
て心底大変遺憾だ

私は君という人に
逢えて凄く幸せで
あった全身全霊愛

し生涯君をただ尊
敬して居た唯其れ
だけはじじつと誓

おう今私から君の
為捧ぐ贈り物を此
のいちまいに綴る

樽見沢 穣

2010年6月28日 (月)

Pieces 1

貴方の首を絞めたら

全てを赦せますか

脈打つ感覚失くなれば

私は笑えますか

 

貴方を燃やし尽くせば

全てを赦せますか

焦げゆく臭いを吸い込めば

私は歌えますか

 

貴方に刃立てれば

全てを赦せますか

溢れる血潮が涸れたなら

私は希めますか

 

貴方を愛せますか