« ここらでひとやすみ。 | トップページ

2010年8月22日 (日)

イケメン?俳優・五月女璃玖の事件ファイル - 呪いの歌殺人事件 #05

初対面の壱弥に自分が女だとバレてしまったのでは、とビクビクしていた次の瞬間、壱弥は璃玖の胸元に手をやった。
「ひっ…?!」
思わず顔を赤らめ、ヘンな声を出してしまう璃玖。そして、壱弥が口を開く。
「…ま、そんなワケねっか。こんな色気なくてペッタンコな女なんて居るわけねえもんな。アハハ」
 
「……」
璃玖は自分の血管がプチンと切れる音を聞いた気がした。
次の瞬間、璃玖は壱弥の腕を掴み、肩の関節を極める。
「いっ、痛たたたたたっ!な、何で俺初対面の相手に関節決められてんのっ?!」
「うるさいっ!何でもねぇっ!!」
「何でもないのに何で痛い目にっ…?!」
 
「…あらァ、早くも仲良くなっちゃってェ…」
ドアの外から2人の様子を眺めていたモモコが、ぽそりと呟いた。
「仲良くないッ!!」
璃玖は壱弥の腕を掴んだまま叫ぶ。
 
「えー、今回のプロジェクトでプロモーションその他の業務を担当させていただく八雲です」
何事もなかったかのように打ち合わせが始まる。璃玖の顔は依然不機嫌そうだ。
「私の隣に座っておりますのが、今回の楽曲製作を担当する弊社の副社長・十河利明(そごうとしあき)です」
スーツに身をまとった十河が、小さく会釈をする。
「曲のテーマや音域などを打ち合わせた後楽曲制作に入り、その間お二人にはボイストレーニングを行っていただきます。そしてレコーディングにサンプリングを行い、CDリリースの前後には音楽雑誌や歌番組でプロモーションを行っていただくという流れになっております。お二人のほうから、何か質問はございますか?」
「あ、じゃあ一つ聞きたいんだけど…」璃玖が挙手する。
「何でしょう?」
「なんでこの人選にしたんですか?オレ達初対面で合うかどうかも分からないし、コイツと違ってオレ歌の仕事とかしたことないし…」璃玖は対面に座る壱弥に軽く目をやって言う。「全っ然上手くいく気がしないんすけど」
「早くも"コイツ"呼ばわりかー…もしかしてオレ璃玖に嫌われてる?」壱弥は隣に座るマネージャーに問いかける。
「どーせまた、要らんことでも言うたんでしょ」マネージャーは冷たくあしらう。
「そうですねー、まぁ今回この組み合わせを決めたのは僕と副社長、それと此処には居ませんが社長の三人なんですけど、二人の雰囲気がどことなく合いそうかなーと思ったんですが…」八雲は微笑みつつも困ったような顔を見せる。「…ダメそうですかね?」
「…まぁ、オレはコイツ次第ですけど?」ため息交じりに言う璃玖。
「うーん、せめて名前で呼んで欲しいんだけどなぁ」と壱弥。「俺はこの仕事、結構楽しみにしてるんだけどな。歌の仕事をしたことあるっつっても、CD出したり歌番組出たりはしてないし、それに何より、俺は璃玖と一緒に仕事してみたかったからな」
そう言うと壱弥は、テーブル越しに手を差し出す。
「よろしくな、璃玖」
壱弥の見せる笑顔に、璃玖は思わず顔をそらしてしまう。
「なっ…何だよそれッ…」
ためらいながら、璃玖は壱弥と握手を交わした。
「…ま、何はともあれ決まりってことだな」十河は"やれやれ"といった表情で言った。

« ここらでひとやすみ。 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1381095/36292232

この記事へのトラックバック一覧です: イケメン?俳優・五月女璃玖の事件ファイル - 呪いの歌殺人事件 #05:

« ここらでひとやすみ。 | トップページ