« イケメン?俳優・五月女璃玖の事件ファイル - 呪いの歌殺人事件 #02 | トップページ | イケメン?俳優・五月女璃玖の事件ファイル - 呪いの歌殺人事件 #03 »

2010年7月13日 (火)

Keyz - 下弦荘事件 #02

「…それで?相談事っちゅうんは何なんや?萌ちゃん」
高校の目の前にある喫茶店"ライム"の一席を、烈馬、駿人、湊、そして萌が囲んでいる。
「えっと…実は…」樽見沢萌は、恐る恐る口を動かす。「2ケ月前、私の祖父が癌で亡くなったんですけど…」
「なるほどっ、殺人事件っちゅうことやな?!」テンション高く立ち上がる駿人。「どんなトリックでじいちゃんが殺されたか烈馬に解明して欲しいと」
「言うてへんから」駿人の頭を叩(はた)く烈馬。「大体、今の萌ちゃんの話聞いてたか?しっかり"癌で"って言うてたやないか」
「いややなぁ、冗談や、冗談☆」屈託のない笑顔を向ける駿人。「で?続きは?」
「さっそく初瀬川(はせがわ)先輩が話の腰を折ってるような気がするんですけど…」湊が小さくツッコむ。
「あ、えっと、確かに祖父の死には特段問題になるような部分はありませんでした。癌を告知されたのは昨年のことでしたし…」萌は再び視線を落とす。「ただ…」
「…ただ?」烈馬がやさしく問い返す。
「問題だったのは、それから丁度1ヶ月後のことなんです…祖父の知り合いだという弁護士が祖父の家に訪れてきたらしいんですけど…」
「え?てことは萌ちゃんは、そのおじいちゃんの家には住んでいないんですか?」湊が尋ねる。
「あ、うん…ていうか私は祖父の家には何回かしか行ったことないかな…祖父の家、車で何時間もかかるし…」
「で?その弁護士がどないしたんや?」烈馬が話のベクトルを戻しにかかる。
「あ、はい…そんなわけで、これは父が聞いた話の又聞きになっちゃうんですけど…その弁護士は、自分は祖父の遺言状を預かっている、死後1ヶ月たったら遺族にその遺言状を公開するように生前言付かった、と言ったそうなんです」
「遺言状ねぇ…樽見沢ン家って、そない金持ちなん?」アイスティーのストローを弄びながら言う駿人。
「あ、えっと…祖父は一代で会社を興したので、或る程度財は成していたみたいです…祖父の家も結構大きいらしくて、周囲の人からは"下弦荘"と呼ばれて知られているそうで…」
「"下弦荘"…?」烈馬が言う。「また随分ロマンチックな名前やな」
「何でも、竣工した日が下弦の月の頃だったらしくて…あと祖父の会社のロゴも下弦の月の形だというのもあったみたいですけど…」
「でも…」と湊。「それだけお金持ちだったら、遺言状くらいあっても可笑しくないんじゃないですか?」
「あ、その…問題だったのは、その文面なんです…」
「文面が…?」

« イケメン?俳優・五月女璃玖の事件ファイル - 呪いの歌殺人事件 #02 | トップページ | イケメン?俳優・五月女璃玖の事件ファイル - 呪いの歌殺人事件 #03 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1381095/35741819

この記事へのトラックバック一覧です: Keyz - 下弦荘事件 #02:

« イケメン?俳優・五月女璃玖の事件ファイル - 呪いの歌殺人事件 #02 | トップページ | イケメン?俳優・五月女璃玖の事件ファイル - 呪いの歌殺人事件 #03 »